やっぱり・・・どんなに回りまわっても、帰るところは貴教です。
メン・デル子の秘密
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある意味、不時着。
2009年 03月 10日 (火) 01:23 | 編集
今のわたし、ま、不時着の結果こうなってる、と言えなくもない。

不時着の意味が間違ってるとしても、もうちょっと違う今、を想像してた、
って意味では間違ってないかもしれない。




トーキョーシティラプソディの中田くん解説を聞いててそう思った。


弾き語りツアー当たるといいな。

ダイレクトに中田くんの声が聴けるもの。

この人は声がいい。
そして歌いまわしが非常にエロい。
そこが魅力的。

あと、中田くんの「か行」がすき。
発声の仕方?
そういや昔、声楽の先生が発声でカーーーーーッとかやってたな・・・
この歌い方、すきだなぁ~



こんなにいい声持ってるのに。
こんなにいい曲書いてるのに。

中川晃教といい、何でブレイクしないかね?

どうでもいいようなバンドが売れて、なぜ椿屋四重奏がこない?



『不時着』は名曲だわ。
椿屋でいい曲はたくさんあれど、今の気分は不時着。

『砂の薔薇』もすき。
この重さがね、落ちる落ちる・・・流砂だ・・・っ



椿屋を知ったのはホント偶然。
しかも名前にインパクトがあったからずっと聴かなかったけど覚えてた。
椿屋四重奏っていうバンド名、もうね、わたしの中で大絶賛!!



椿って苗字の子がいるんだ。

結婚を考えてる人が、「子供が生まれたら椿ってゆう名前いいよね」って。

小学校の卒業作品みたいなので木彫りのオルゴール作ったんだけど、
わたし、椿を彫ったんだ。



まずい・・・椿屋を聴き始めたら止まらなくなってしまった。




スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) メン・デル子の秘密 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。